single.php
content.php

リメイクガチャ「SUMMER HAS COME!」担当デザイナーインタビュー!

きらめく夏に心躍る☆ 10周年リメイクガチャ「SUMMER HAS COME!」担当デザイナーにインタビュー!

2021/07/20

 今年で10周年を迎えた『ポケコロ』は、7月20日に、夏の海をテーマにしたリメイクガチャ「SUMMER HAS COME!(サマー・ハズ・カム!)」をリリースします。

「SUMMER HAS COME!」は輝く海に浮かぶキャラたちの可愛さや、暑い夏のムードを存分に楽しめるのが魅力です。

 今回は、そんなガチャのデザインを担当した、草壁さんとpokomiさんにインタビュー! 知られざる制作秘話を伺いました。

《草壁さんの経歴》

美大卒業後、2013年にココネに入社し『ポケコロ』デザイナーに。今回のリメイクでは、アートディレクターを担当。

《pokomiさんの経歴》

2014年にココネに入社し『ポケコロ』のデザインに関わる。異動により一時『ポケコロ』から離れるも去年から復帰。今回のリメイクでは、「インテリア」のデザインを担当。

前例のない“全面が海”の表現にひと苦労…こだわりが詰まったガチャ

――では、まず「SUMMER HAS COME!」の制作に至った経緯を教えてください。

 

草壁 夏と10周年を同時に感じられるテーマにしようと思っていたところ、近年は“ザ・夏!”というような、夏をストレートに表現したガチャが少なくなってきていることに気がついたんです。

 

pokomi それで、原点回帰という意味も込めて海に焦点を当てて、元気なイメージに振り切ったデザインにしました。

 

――そんな今回のガチャの、こだわりはどこにあるのでしょうか?

 

草壁 海の美しさとキラキラ感を押し出していきたかったので、海の透明度にこだわり、コロニーやインテリアは思い切って真上からの構図にしました。ただ、海だけで構成しようとすると、10周年らしさがあまり感じられなかったんですよ。そこでポケコロの定番キャラのリス吉やビッグバンをはじめ、これまでの夏にリリースされたガチャにいたキャラをたくさん引っ張り出してきて、お祭り感を演出しました。

――ほとんど全面に海が広がっているようなデザインが印象的です。画面のメリハリなど、表現に苦労した部分も多かったのではないでしょうか。

 

pokomi そうですね。全面が海だと画面が持たず、ワクワク感も薄くなってしまう恐れもあったので、ブイのような表現を入れたり、カモメを空に浮かせたり、水面に影を落としたり……と、デザインとして成立するようにいろいろ工夫しました。

 

草壁 コロニーは面積が狭いので、全部海にしてしまってもキャラクターでアクセントをつければ画面が持つんですが、水面の網目の表現が大変で。一歩間違えるとしつこくなってしまうので、大小のメリハリのつけ方やグラデ感を微調整しながらデザインしていきましたね。最終的に、一枚絵として爽やかに夏を演出できる、ポストカードのような仕上がりになり、とても気に入っています。

――ファッションを見てみるとビタミンカラーがふんだんに使われていて、可愛らしい印象です。

 

pokomi 毎週金曜日にリリースしているガチャは、綺麗なイメージのものが多いんです。それとの差別化を図るために、元気で可愛い感じに仕上げました。海の青との対比を踏まえて、ヘアカラーのイメージはみなオレンジで満場一致していたのですが、目の色は迷いましたよね。

草壁 同じ月に、青い目を採用しているガチャが他にもあったんです。なので、“青で被っちゃうね、どうしようか……”と悩んだんですが、これだけ海を押し出したテーマ設定にしておきながら、目を他に色にしちゃうと説得力がなくなる気もしたんですよ。それで被ってるのを承知で、青にしました。

 

pokomi 結局、やっぱり目の色は青が一番しっくりきましたよね。

――そんなファッションの目玉アイテムは?

 

草壁 浮き輪に乗っているポーズのワンピースですね。珍しいポーズをとっているので、海を真上から見ているという今回のような構図のコロニーやインテリアと一緒じゃないと、リリースできないアイテムだと思うんです。ですから、“今回ならでは感”が特に強いアイテムかなと思いますね。

――最後に、このガチャで遊ぶユーザーに注目して欲しいポイントを教えてください。

 

pokomi 私はやっぱりインテリアの壁床に深い思い入れがあります。波が動いて見えるアニメーションがついたときに、どうすればより海らしさが出るのかを丁寧に考えて作ったので、完成形をぜひ見てほしいですね。あとはやっぱり、シンプルに“夏らしさ”ですかね。

 

草壁 そうですね。私も、こだわった水面の表現と、“夏らしさ”に注目してほしいと思います。なかなかこれほど直球に夏を表現したガチャを楽しめることはないと思うので、この機会に思いっきりバカンス気分を感じてもらえたらな、と思います。

 

――まだまだ外出しづらいこのご時世。『ポケコロ』の「SUMMER HAS COME!」で、ぜひ開放的な夏の気分を感じてくみてださいね!

 

《取材・文/A4studio》